シンプルにかたづけ

手間をかけない めざせ!楽ちん生活

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

まずは汚れを取り除く~今月のおそうじ「窓」  

今月のおそうじは「窓」

用意するのは、

①網戸そうじに威力を発揮するコレ⬆︎と
②マイクロファイバー 湿り気クロス
③マイクロファイバー 水拭きクロス
④乾拭きクロス

まずは窓の鍵を閉めて
(拭くときに動かないようにする)
部屋側の窓を湿り気クロスで拭く。

拭き後のスジが気になるようなら
時間をおかずに乾拭きする。

次に窓を開けて、
網戸の汚れ取り
部屋側をやってから、外側。
ブラシは縦にも横にも動かす。


室内側をやるときは、
外側に空がくるように。
外側をやるときは逆に、
室内側に窓がくるように。
いづれも
網戸そうじした汚れを
部屋に入れない為のせめてもの工夫。

次に外側の窓をするんだけど、
コレ⬇︎大事!!
汚れ落としを先にする。

汚れた窓に
いきなり水拭きをすると、
すぐにクロスが汚れて、
その汚れが汚れを広げてしまう。。。

じゃあ、その都度洗えばいいか?
とバケツを用意するのだけど、
バケツの水だって汚れてくるから、
いつまでたっても綺麗にならない(ーー;)

そこで私は⬆︎網戸びっクリーン使って
汚れ落としをする。
(網戸に兼用出来るので使ってますが、
マイクロファイバークロスでも、
ぞうきんでも、
乾いていれば同じように出来ます。)

次は、
窓の汚れを見極めること。
これをするのとしないのとでは、
かかる時間が違うんだよねぇ~

そんなに汚れてなかったら
湿り気クロス。

(湿ってるくらいだと
乾拭きが必要ないことが多い)

汚れがあるようなら、
水拭きクロス→乾拭き


最後にレール
ここも汚れ落とし→水拭き
(これでダメなら、
水をスプレーして汚れを緩ませてから
拭き取る。)

ガラスってかなり繊細。
綺麗にしたつもりでも、
翌日見たら曇ってたり、
拭きムラが目立ってたり。
ショックを受けたことが何度も(ーー;)
でもこのやり方にしてからは大丈夫!

窓ガラスそうじは、結構危ない。
危険や、無理な体勢を回避する為にも
なるべく短時間で、
かつ道具も少なく、済ませたい。

ご参考
ビフォー
⬇︎
汚れ落とし後
⬇︎
水拭き後

今日の窓掃除は、
わざとパパのいる時にやってみた。
たまにはこんな後ろ姿も見せないと。
「どお?」って聞いたら
「眩しくなった。」
素直に「綺麗になったね。」とか
言えないもんかねぇ(−_−;)

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: お掃除

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。